幼稚園は子どもがはじめて出会う学校

園にはそれぞれに特色があります。子どもにあった園を選びましょう。

幼稚園・認定こども園は、それぞれの理念のもとに子どもたちへの教育を行っています。その理念に基づいた教育方針や、特色のある行事が行われています。「園庭解放」などを利用して、実際に親子で園に出かけて雰囲気などを確かめてみましょう。

 

幼稚園・認定こども園に入園できるのは満3歳から。

子どもは満3歳頃から、周囲への関心や自立心が芽生えるようになります。幼稚園・認定こども園に入園することで、他の子どもたちとの交流や集団生活を送ることは、子どもの成長にとって非常に良い効果を及ぼします。また、親同士のネットワーク構築も大切で、地域で子どもを育てるという意識や、子育て・教育に悩んだ時の相談相手をつくることもできます。


小学校以降の生活や学習の基盤の育成~生きる力の基礎~

幼稚園生活を楽しむ

~教師のあたたかさに支えられて~

幼児は幼稚園でのあたらしい生活に期待や不安をいだいています。幼児が安心してすごせるよう、教師は一人一人にあたたかく接しています。教師のあたたかなまなざしのなかで、幼児はしだいに幼稚園生活になれていきます。


遊びにはいくつもの学びがひそんでいる

~遊びは幼児期にふさわしい学び~

幼児期は、知識を教えられて身につけていく時期ではなく、遊びながら学んでいく時期です。
幼稚園で幼児はひとつの遊びから、さまざまなことを学んでいるのです。


幼稚園で身につくカ

~遊びの中の学び~

幼児はいろいろな遊びをとおしてさらにたくさんのことを学び、身につけていきます。


健康な心と体

体力の向上:園庭などで、おもいっきり走りまわって遊んだりすることで体力がつく。
基本的な生活習慣:食事の前に手を洗うなど、ふだんの生活に必要なことができるようになる。


自立心・人とかかわる力

自立心:身のまわりのことを自分でやろうとしたり、自分で考えて行動したりする。
社会性・道徳性:よいことや悪いことの区別、他者への思いやり、きまりをまもろうとする気持ちをもつ。


思考力の基礎

思考力の基礎:遊びのなかで、考えたりためしたり工夫したりすることで、思考力が伸びる。
数への興味:遊びのなかで物や人をかぞえるなどして数に興味をもつ。


言葉の獲得

話すカ:友達や先生とのコミュニケーションを楽しみ、しだいに相手にわかるように話す。
聞く力:友達との関係が深まるにつれて相手の話に関心をもち、相手の話を理解しようとする。


表現力

感性:自然などに触れるなかで、感性が豊かになる。
表現:ごっこ遊び、リズム遊び、絵をかくことなどをして、感じたことを自由に表現する。


そして、小学校へ

学習意欲の向上

幼稚園での遊びをとおして幼児が学ぶ楽しさを知り、積極的に物事にかかわろうとすることは、小学校での学習意欲へとつながります。
そして、社会にでてからも自ら考え、進んで物事を解決しようとするようになります。


教科学習の内容を実感しながら理解

幼稚園での体験により、小学校の教科学習の内容を実感しながら理解することができます。


豊かな心と健やかな体

幼稚園では他者への思いやりや社会のきまりをまもろうとする気持ち、感動する心、健やかな体を育成し、小学校へとつながっていきます。


幼稚園・認定こども園 Q&A

Q.仕事をしているのですが、保育時間は何時間ですか?
A.「預かり保育」で働くお母さんを応援しています

私立幼稚園では午後まで保育を実施し、さらに午後5:00~6:30くらいまでの「預かり保育」で働くお母さんたちの応援をしています。また、夏休みや冬休みの「預かり保育」を実施している園もありますので、幼稚園選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

Q.認定こども園とは?
A.教育(幼稚園)と保育(保育所)を一体的に行う施設です

地域の実情や保護者のニーズに応じて選択が可能となるような多様なタイプがあります。また、保育料は、保護者の所得に応じた負担(応能負担)を基本として、国の基準を上限として、地域の実情に応じて市町村が保育料を設定します。ただし、園によっては、実費分を別途徴収することや、通常よりも手厚い教育体制を整えているために必要となる経費を特定負担額として別途徴収することもあります。


幼稚園・認定こども園を探す

愛知双葉幼稚園 光明寺幼稚園 西明寺幼稚園 豊川幼稚園 認定こども園 豊川東幼稚園 花井幼稚園 蒲郡あけぼの幼稚園 蒲郡あさひこ幼稚園 認定こども園 木船幼稚園